何を考えているの?ランニング中に考えるといいことを教えます

ランニング 女性ランニング・マラソンの精神的なこと

ランニングは、ただ走り続けるだけなので、他のことを考えながら行うことができます。ランナーあるあるで、走っていない人から「走っている時って何を考えているの?」と聞かれたことがある方もいるかと思います。

まあ、考えることは人それぞれですが、ここではランニング中に考えると良いことを紹介していきます。興味のある方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

今日あったこと

走る時間帯が夕方や夜なら、その日あったことを振り返りながら走っても良いでしょう。「今日は〇〇があった、楽しかったな~」や「今日の仕事は大変だったな~」とか。また、勉強したことや仕事のことを頭の中で整理しても良い。

1日あったことを振り返ったり整理することによって、気持ちも整理することができ、明日のモチベーションアップにもつながります。失敗したことや悪かったことを振り返れば、それらを改善することにつながることもあります。

その他に、その日あった頭にきたことを思い出し「こんにゃろ~」と思いながら走っても良く、ストレス解消になります。気持ちがスッキリすることで寝つきが良くなり、良質な睡眠をとれることもあります。

明日のことや将来のこと

走っている時に、明日のことを考えても良いでしょう。「明日は〇〇をした後に〇〇をする」などスケジュールを立てたり確認したりすると、スムーズに行動しやすい。また、大事なことがあれば、心の準備をしても良い。

「明日のことを考えると憂鬱」という方は、明日のことは考えないで「明日は明日の自分が何とかするさ」と楽に考えるのも1つの手段です。

将来こうなりたい、あ~なりたいなどと思い、目標を達成するためには何をすれば良いのか考えるのもいいですよね。これから何をすべきか考えることによって、進む道が見つかりやすくなります。

妄想する

走っていて飽きた方におすすめなのが、妄想すること。好きな人とのことや、夢が実現した時のことなどを妄想すると、脳の暇つぶしになります。

自分が良い気分になることを妄想すると良く、走っていてつまらないと思っても、色々なことを想像することによって多少楽しくなり、つらさを紛らわすことも可能です。

自分がヒーローになって、戦う妄想をしても面白いかと思います。また、アニメの強いキャラになりきって走ってみるのも楽しいことでしょう。その他には、好きなタイプの異性とデートするのを想像するのもおすすめです。

練習のことやマラソン大会のこと

「どうすれば速くなるのか」「明日の練習は何をするのか」など、練習のことを考えるのも良いです。もしかしたら良いトレーニング方法が思い浮かぶかもしれないし、これからの練習メニューが定まる場合もあります。

次に出場するマラソン大会のレースプランを考えても良いでしょう。「前半は積極的に攻める」や、「前半抑えて、後半に勝負をかける」など決めておくと、走りやすいかと思います。また、レース後に何を食べるのか、どこに行くのかなど考えると楽しいかと思います。

晩御飯のことやSNS・ブログに書くこと

晩御飯って「決めるのが面倒くさい」「何にしたらいいか分からない」という方もいるかと思います。そのように感じることってストレスになりますよね。家族に「夜ごはん何がいい?」と聞いても「何でもいい」なんてこともありますよね。主婦(主夫)は大変だね。

ランニング中に食事のメニューを考え、決めることができれば、余計なストレスを溜めずに済むし、時間を有効に使うことができます。

次に、SNSやブログに書くことについてですが、ブログで「今日、何を書こうかな?」と悩む方もいるかと思います。

走っている時に書くことを考えれば、これまた時間を有意義に使うことができるし、何か面白いネタが浮かぶこともあるかもしれません。ちなみに、この記事は走っている時に思い浮かびました。

好きな曲を思い出して頭の中で流す

これは、考えるというよりも、思い出して流すという表現のほうがしっくりくることですが、自分が好きな歌を思い出しながら、頭の中で再生するのもおすすめです。

ランニングに飽きるのを防ぐ方法として音楽を聴くことがありますが、音楽を聴きながら走るのはちょっと危険で、状況によってはかなり危ないですよね。この方法は、実際に音楽を聴くわけではなく、思い出すので安全です。

脳がちょっと疲れるかもしれませんが、退屈を防ぐことはもちろん、モチベーションがアップする効果を期待することができます。

無心で走る

何も考えずに無心で走るのもあり。特に、ポイント練習などで集中したい時は無心になりたいもの。

一心不乱に走ることによって集中力が増すのを期待することができ、逆に集中力が高まることで無心になれることも。そして、ゾーンに入ることもあります。とはいっても、無心で走るのって意外と難しい。

まあ、無心といっても、本当に何も考えないという訳ではありません。何も考えていなかったら、ペースを上手く調整できないし、安全に走れないしね。

では、無心で走るというのはどういうことなのかというと、他のことに気を取られずに走ることに集中するということです。